So-net無料ブログ作成

同安鎮飛虎将軍廟 [台南]

久々に観光地というか、行っておくべき場所紹介
飛虎将軍廟 台南市中心部よりやや北部にあります。
それほど遠くはないです。

ざっというと、第二次世界大戦中、台南に駐屯していた、日本軍、杉浦少尉は
空戦の上被弾、このまま脱出すると、町に被害がでるので、脱出を遅らせ、安全域まで
移動させて脱出したが、敵機に打たれ、亡くなった。

その後、いろいろあって(数十年間があく。絵本によると夢にでたとか。詳しくはネットで調べて)
祭られることになった。
おばちゃんいわく、去年、おみこしを作ったそうで、日本式、台湾式の両方で奉納されたらしい。

日本でももっと、こういう偉大な先人を紹介してもいいのではないかと思った。
日本の新聞が掲示してあったけど、産経と地方紙でした。

IMG_1726.JPG
IMG_1727.JPG
IMG_1728.JPG
IMG_1729.JPG

台南のスナック バ×ラとリ×ン [台南]

客と飯のあと、カラオケ屋にいくことは非常にマレです。
明確な接待でいったのは1回だけです。(こっちが払った)
(相手が払ったケースはあるけど)

日本では数年いってないし、大陸でも2年以上いってないし、現時点での比較は非常に難しいけど
自分の経験で比較します。(現時点で変わっている可能性あり)

まず、システムとして、飲み放題2時間コースがあります。
(つかったことがないので、詳細不明)
ボトル+チャージのものがあって、チャージの値段が台北>台中>台南で違うみたい。
ボトルは3000位~ 1万超えるね。 
もちろん、これで2,3回飲めるなら、別にどうということはない。
問題は席についた女の子が一緒にボトルを飲みます。
つまり、暇だとたくさん女の子が座り、ボトルはすぐなくなるということ。
しかも、ある程度時間が来たら、回転します。
はて、指名みたいなものがあるんだろうか?
よくわかりませんが、事前電話を必ず言われるので、売り上げノルマ的なものはあるんでしょうね。
(ここは中国と同じ)
中国(蘇州、上海など)や日本のキャバクラ系みたいに飲物をいちいちねだるという行為はないです。
(と思っていたら、書き込みにねだりがあったと書かれていました)

もしかしたら、自分が特殊例かもしれません。
台南在中(実は遠い)ですが、めったに行かないし、日本人のお客、知り合いも少ないので。
中国語もある程度なんとかなるので、新人がよく来る。
他のテーブルの一人の人をみると多くても、2人しか女の子が座っていないので。
自分は4人位座られます。(暇なせいもあるけど)

これでは参考にならないな。

では、台南では古くからやっているお店と台中からやってきた台中系と呼ばれる店の2種類があります。
どちらも複数回いったことがあるのは1件づつだけなので、参考にならないかもしれません。

リボン(かなり老舗のようです) 大遠白百貨店の迎えで発見しやすい。公園路と民族路
バニラ(台中系)リボンから公園路を民権路方面へ歩き、民権路との交差点手前、どちらも2階
看板を見つけてください。

リボンはある会社の行きつけなので、たまに(年1)いくが、来たことあるといわれるので、女の子の入れ替わりは
少ないのかな? 
バニラは3か月に1度程度だが、毎回、新人がいるので、比較的入れかわりが激しいかも
新人が好きならいいが、日本語能力はやや低い(それがいいという人もいるので)ので、躊躇する人もいるか
店舗はバニラのほうが広いが、客は少ないかも(少ないサンプリング数なので、あまり参考にしないで)
前にバニラにいったら、見た目のレベルは上がっていた。

たぶん、どこの店も同じで2本買うと1本サービスになる。
ぼったくりはないと思います。内容見せてくれるます。
いずれにせよ。
メニュー上の値段は変わらない。カードを使うと手数料とられるので、現金がいいかも。

やはり参考にならないな。

ひとついえることは、この街の日式カラオケも出張者で持っているので、出張者が少ないと、客が少ない。

大した情報っもないのに、書くなよ。と思われそうだが、このマイナーブログで、比較的読まれる人が多いが
スナック系のネタなので、ああ、見てる人いるんだと思って、参考にあげてみました。

億載金城 [台南]

まだ、台南の観光地でみていないところがあったので、安平へ
億載金城へいってみましたが、前日の台風の影響で客はいないは、雨、風はたまに強くなるわ
水貯まりはすごいわで観光としては最悪コンディション
説明によると、清朝末期、沖縄の漁師が遭難し、台湾に流れ着いたのだが、
殺害されたために、清朝にかなりの圧力をかけていた様子。
そのために、防衛用の砲台を設置したらしい。
雨がひどくて、みれなかったが当時の遺跡が内部で発掘されているみたいで、見れる。
台風で木も倒れてて、龍眼が食べ放題状態になtっていました。
600_DSC04671.JPG
600_DSC04673.JPG
600_DSC04676.JPG

黒脾香腸博物館 [台南]

結構、いたるところにこの看板(道案内用)があって、気になっていた。
台風直後に調べると、安平にいく途中のようなので、お粥を食べたあと、いってみた。
メーカーの工場の敷地内にあって、一般に開放している。
なかなか立派は建物
600_DSC04639.JPG
600_DSC04642.JPG
まぁ、予想通り、ソーセージの作り方や、ちょっと昔の台南を再現したようなもの
この会社の歴史とともに、台湾の近代史年表があって、違う意味で面白かった。
1時間位はつぶせます。食べるところやお土産物屋も当然あります。
安平帰りに時間があったらどうぞ。

マンゴの季節が [台南]

マンゴやらライチが出始めました
愛文マンゴ 142元

成功大学付近で飲んだ氷沙

バニラ 台南日式カラオケ [台南]

ほとんど、飲みにいったりしないのだが、唯一、たまにLINEとかを送ってくれるのが
この店の子。 露骨な催促をされるわけでもないので、不愉快ではない。

元々、別の店にいたのだが、この店に移動したので、移動。
なぜか、自分がいくときは暇そう。
しばらく、客が全然いないといってたけど、最近は調子がよさそう。

仕組みは他店と変わらず、台中系の店らしいので、台南的なのんびりまったりではないのかなぁ
と思うけど、店の子はのんびりしている感じ。
公園路と民権路の交差点付近、2階にある。(公園路側:酒河豚対面)

神農街 台南 [台南]

台南の観光メジャースポットに行ってきました。
神農街、もうは古い町並みをお店とかにして照明をつけて、きれいにし、観光地化しました。
という場所です。

かなりメジャーなので、連休中ということもあり、かなり人がいました。
平日だともっと人がすくなくて、雰囲気あるのではないでしょうか?

600_IMG_0335.JPG
600_IMG_0336.JPG
600_IMG_0381.JPG
600_IMG_0348.JPG
600_IMG_0339.JPG

市内にいるなら、夜、散歩だてらにでかけるのもいいのかな?

月世界 [台南]

清明節の連休なので、ちょっとはでかけようかと思い、まだ、比較的近所な場所で何か所かいってきました。
まずは月世界なる場所へ

正確にいうとここは台南ではなく、高雄ですが、台南からのほうが近い。
高速3号線から、遠くないので、家(善化)からだと30分程度で到着する。
月のように見えるという物だけなのだが、割とへぇーと思えるかも。
600_IMG_0412.JPG
600_IMG_0420.JPG
600_IMG_0417.JPG
この日はすでに35度超えで非常に熱く、階段の上りがつらかった。
すぐそばには泥火山なるものがあった。
600_IMG_0443.JPG
ようは火山の噴火口のようにみえるだけ。しかも展望台みたいなものがあるところではでてなかった。
帰りに道端にあった、ところではぽこぽこでてた。
600_IMG_0445.JPG
月世界のほうは駐車場もあって、整備されているので、ルートに沿ってあるけば、いいが、こっちは
細い道を入っていく。

連休で月世界には多くの観光客がいたが、泥火山では3組程度しかみなかった。
地鶏があるようだったが、バテバテで食欲がわかず、食べられなかった。
あと、夕方が一番きれいなのかもしれない。

大東夜市 [台南]

台南には四大夜市があるそうな。
花園、大東、小北、武聖だそうな。
花園しかいったことがない。しかも、台南に仕事できたとき+最初に台南に来るときまったときだけ
というのは、歩いてすぐのところに善化夜市があるから。もちろん規模は小さいだろうが、混んでないし
でいってなかったのだが、ついでにいける状況があったので、よってみた。

いったのは大東夜市、なぜここかというと夜市の中で唯一駅の裏側(東側:成功大学側)にあるので
でいったのは金曜日、この日は花園はやってない。
感想は人は多いが、あるものは、ほぼ善化夜市にもあるものばかりだった。
もちろん、おいしいおいしくないもあると思うけど。
ざーっとみて、善化にないものはこの焼肉だった。
絵をみる限り台湾原住民の料理だろうか
640_IMG_0254.JPG
豚を焼いている。シンプルな味付けで、まぁおいしい。
640_IMG_0253.JPG

鹽田生態文化村 [台南]

四草大衆廟から車で2分程度、鹽田生態文化村があります。
ようは塩田です。
営業しているのか、いないやらという感じでした。
580_IMG_0143.JPG
ちょうど、塩がなくなってたので、ここで買おうと思っていたので、ここに来ました。
売店で粗塩買って(普通の鹽は一種類しかなかった)、ちらっと塩田を見物して終了
天然塩にしては安かった記憶が、

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。