So-net無料ブログ作成
検索選択
道東旅行記 ブログトップ

道東旅行記8 旭川-美瑛-東京-深圳 [道東旅行記]

道東旅行最終日
もうくせになったのか、早く起きてしまう。ちょっと散歩でも使用と思い
外へいくと雨! ついに雨か、まあしょうがないか、九州は大雨だし。
元々、北海道と九州どっちにしょうか迷って、北海道にしたのだから、もし九州だったら
全部雨だったわけだし。と言い聞かせ、一人で朝マックをしてから出発
美瑛は空港に近いので、しかも一度みてるし、ゆっくりでOK

天気は残念だけど、やはり美瑛は美しいです。説明なしで
DSC02744.JPG
DSC02748.JPG
DSC02763.JPG
DSC02767.JPG

あっという間にフライトの時間です。
空港でくいそびれていたちゃんちゃん焼きを食う(まずい)
鮭がしょぼくねえか。ちゃんとしたところで食べるのを進めます。

東京に戻ります。今夜は再び東横インです。
前日、旭川のイトーヨカードーによって、買い物を済ませたので、対して買うものもありませんが
購買意欲が全開です。
チェックインをすませて、東京駅のどんぐり共和国、ジャンプショップ(銀魂にはまっているの)
アキバでヨドバシ、無印、ユニクロと買い物を済ませます。俺は神さまーずのDVDを購入

夜はヨドバシ上の中華系で食事、かた焼きそばうまくねえ。
リンガーハットいけばよかったと後悔。チンゲンサイがあったのでまあOKだけど
明日になれば1/10の値段で食えるだろと思わないでもない

電車代をけちるため、早起きして京成で成田へ
再び成田ユニクロへ出撃、ピザトーストを食ってから、だらだら過ごす。

また当分、日本にはこないだろうな。

曇っていたけど、富士山のところだけ雲がきれてて、飛行機から富士山がみえました。
DSC02772.JPG
香港で海とわかれて、一人で深圳へ戻る。
熱い。はんぱない。またこの生活が始まるなあ


道東旅行記7 知床-旭川 [道東旅行記]

5湖を後にし、知床峠を目指す。天気もよく羅臼岳がよくみえる
DSC02684.JPG

ところが、峠を越え、羅臼側をみえると雲海状態、噂には聞いていたが、ここまで天気が違うとは
DSC02689.JPG

下に降りて、海沿いを走る頃には霧だらけ、恐るべし知床
DSC02695.JPG

霧の中、意味ないだろうなあとおもつつも開陽台を目指す。本当は根付半島行きたかったけど
たぶん、視界0と言い聞かし、車がほとんどいない道を走る。

開陽台 駐車場、車が他に1台しかない。
いい景色だと思います。たぶん。これも想像するしかない
DSC02702.JPG
売店でホットドックを食い(うまいよ)、さらに前進する。相棒は完全にねてて、車の外にも来なかった。

実は行きたかった場所が阿寒湖のそばにあって、2日目、阿寒湖はあんま代わり映えしないので
いけなかったオンネトーを目指す。寝てる間がチャンス。阿寒横断道路(4回目?)を爆走
阿寒湖をスルーし、オンネトーへ
ほんとに美しい湖です。観光客もすくなく(平日だからだと思うけど)静寂がなんともいえません。
霧もはれ(場所が変わっただけかもしれないけど)雌阿寒岳、阿寒富士もくっきりです。
DSC02710.JPG
DSC02709.JPG
DSC02708.JPG

さあ、足寄から悪名高き?道東自動車を走ります。
ノンストップで行きます。
噂通り、対向車がほとんどいません。現在開通している足寄-トマム間全て走ったのですが、
対向車はたぶん10台未満だったでしょう。
DSC02712.JPG

北の国からで有名な富良野をスルーし(海は当然みたことないし、実は俺もみたことありませんので興味無)
翌日再び行く、美瑛を抜け、旭川へ到着です。
野菜が少ないラーメンは苦手なので、ラーメン村というところを発見したので、数軒あれば、なんとかなる
だろうと思い。いってきました。
DSC02714.JPG

写真比較し、野菜が多かた梅光軒に決定
弟子屈より、こっちのほうがおいしかった。
DSC02717.JPG

北海道最終日は藤田観光ワシントンホテル旭川
まぎらわしいことにワシントンホテルが2つもある。間違えたぞ。
しかし藤田観光じゃないワシントンってどういうこと?
ホテルは普通としかいいようがないです。でも東横インのほうがいいかもしれない。

最終日(観光なないよ)へつづく




道東旅行記6 知床5湖 [道東旅行記]

観光船を後にし、5湖を目指します。
途中観光センターがあり、ここからフレベの滝などへいけるようですが、パックツアーのように
時間に追われているので、行きません。
車でこれる知床の一番深い場所(たぶん羅臼側除く)ではないのかな?
駐車場代410円必要です。(なぜか硫黄山のときにようにはむかつきません)


残念ながら、3-5個は熊出没中で閉鎖中でした。1-2湖散策40分コースへ出発です。
全部じゃないけど、こういう道が造られているので、歩くのに重装備は不要です。
DSC02615.JPG

途中、やはりでてきました。
DSC02617.JPG

1湖到着、平日で人が少ないせいか静かでいい感じです。湖に写った知床連山が美しい
DSC02646.JPG

2湖、こっちのほうが好きだなあ。
DSC02639.JPG

駐車場へ戻り展望台へ向かいます。
こっちは完全に整備されていて、橋が架かっているので、足が不自由な人でもだいじょうぶ
DSC02666.JPG

展望台からみた1湖、ちょうど前の写真の間逆の位置です。
DSC02660.JPG

知床はいい。もう一度きたい。もっとゆっくりと。それにつきる

5湖回れなかったので、ちょい時間がでてきたので、予定を変えて、羅臼-開陽台-阿寒-足寄
(道東自動車富良野旭川に決定

いくぞ!つらいなあ

道東旅行記5 知床観光船編 [道東旅行記]

8時から小型観光船でのツアー。船酔いを考慮し、1時間コースにしたのだが
出発前、事務所でみると、3時間コースでは確実に熊がみれてる。
1時間コースの朝だけ、どうもでる確率が低い様子で残念。天気はよくなったようでよかったが

結局、最終日にもう一度美瑛をみたいというので、今日中に旭川まで戻ることになる。

で観光船だが、小型船のほうが近くまでいけていいというのは正しい。
1時間コースより知床岬までいったほうがいい(と思う)

フレベの滝
陸路だと上からもみれるのだが、今回は時間がなく海側からのみ
別名乙女の涙というらしい。
DSC02560.JPG

象岩
想像力豊かにみてください。異論受け付けません。(そういうんだからいいじゃん)
DSC02572.JPG

カムイワッカの滝
完全に温泉で冬もこの辺りでは唯一凍結しないそうです。
周りの水も赤くなってます。戦前、中は硫黄の採掘をおこなっていたそうです。
DSC02595.JPG

オオワシ(天然記念物なんだって)
DSC02598.JPG

こんな感じの景色が続きます。
DSC02571.JPG

この景色が定番らしい。後は羅臼岳 手前はカムイワッカの滝(2段目もみえるかと)
DSC02603.JPG

あとで5湖散策をしてるときに耳に入ってきたのだが、前日はなにもみえず、ツアーが中止
だったらしいので、いけだだけでもラッキーかな。
いく価値あると思います。

知床5湖巡りにつづく

道東旅行記4 知床1 ホテル [道東旅行記]

6時過ぎオシンコシンの滝に到着。
前日、刺身を初めてまともに食ったので、車で寝ていいよといったので阿寒から先寝ていた海は
睡魔と寒さで海のテンション低い。
滝は水量もあり、簡単かつ近くでみれるので、よかった。
ADSC02493.JPG
テンション落ち気味なので、急ぎホテルへ。今日のお宿は知床プリンスホテル風なみ季
DSC02503.JPG

ちゃんと玄関先でバレーパーキング形式になってて車を預ける。いい感じ。
部屋は海側じゃなかったけど、どうせ、霧でみえないし。 部屋も清潔で、きれい。
で夕食はバイキング形式、海の為にこれにした。 種類はかなり多い。
おいしかった。死ぬほど腹一杯くった。相棒も勝手丼を食す。なにげに刺身が食えるようになってる。
ここはいいホテルだ。
DSC02502.JPG

売店で見つけた地ビール、緑色です。(今いちだった)
DSC02544.JPG

知床観光編へつづく




道東旅行記3 層雲峡-屈斜路-摩周-阿寒-知床 [道東旅行記]

さあ、2日目今日は移動距離があるので早めに飯くって出発
8:00 流星、銀河の滝に到着。今回、層雲峡近辺、唯一の観光スポット
     わぁーという感じはまあある。国道に近いので、休憩ついでにみるは
     いいと思う。
     ADSC02374.JPG
10:00ハイペースで北見に到着、外の気温が結構、低く、ユニクロを発見しよってみる。
     俺は下着Tシャツと長袖シャツを購入。靴下やら、なんやらを買う。
昼前  美幌峠着(写真準備中)
     寒い。風も結構ある。だけど、景色はいいねえ。屈斜路湖が見渡せる。
     ADSC02388.JPG
     屈斜路湖畔には海はまったく興味を見せない為、硫黄山へ
昼   硫黄山着 駐車料金410円なり(今回初めて駐車料金有り、摩周湖の駐車も含み:しかし)
    火山をみたことがない海は興味津々だが、九州生まれの俺にはこの程度のものどうということ
    はなく、温泉卵とメロン食って終了 こんなに甘いメロンを食ったことがなく感動。
    おかわりする位。以降、あらゆるところでメロンを食うことになる
    摩周湖到着、このころは晴れていて、すごくよくみえた。
    こっちは第3展望台
    ADSC02398.JPG
    こっちは第一展望台(例の硫黄山とのだかせで有料のところ、景色みるだけなら第3で充分
    ADSC02446.JPG
    予定より早いので阿寒湖までいってみる。

1:00弟子屈でラ-メン屋発見し、昼飯 中はいってから、それなりに有名店であること発覚。
    九州育ちの俺にはまあまあです。
    ADSC02450.JPG
    阿寒横断道路を突っ走る。この後何度も走るのだが。こういう景色が続く
    ADSC02460.JPG
3:00阿寒湖畔到着 ポッケをみる。遠くからなのであんま感動なし
    ADSC02461.JPG
   
    ADSC02465.JPG
    ということで海へ向けて出発、再び阿寒横断道路を抜けて知床を目指す。
    途中、えぞしか初遭遇し、テンションがあがる
    ADSC02474.JPG
5:30知床半島へ突入、最初は天気よくて始めているオホーツクに感動。だが天気が怪しくなってきた。
    ADSC02480.JPG

つづく

道東旅行記2 旭川-美瑛-層雲峡 [道東旅行記]

旭川空港でレンタカーマーチ4日間で2万数千円)を借りて出発
とりあえず、空港近くの美瑛町へむけて出発

地図をみてたら、旭川空港は旭川の南側にあり、もうほとんど美瑛町(市?)
なので、すぐ。
しかし、みどころポイントがナビにはでてないのし、案内も頻繁にあるわけで
ないので、注意が必要。よくわからず国道沿いを走ると、急に花畑がでてきた
ので、ここで一回停止 ぜるぶの丘というらしい。
DSC02339.JPG
花を中心に坂がある。当然のようにソフトクリームなら、なんやらあるので、つれは早速食う。うまいね
じゃがバター食う。まずいね。やっぱできたて食うべき。

遠くにあったケンメリーの木(たぶん) あんま興味ないんで、遠くからのみ
DSC02346.JPG

美瑛駅方面から国道を離れ、ネットでみた四季彩の丘を目指す。
途中にあった景色 美しい。この辺で海がカメラで遊ぶ時間がながく、電池切れを起こす。
DSC02356.JPG

四季彩の丘に到着
花に興味はないがこれだけあると、さすがにおーっと思う。
PA0_0017.JPG

時間がなく、もう出発しないと飯にまに合わないので、4時半ごろ出発し、層雲峡を目指す。
海が最終日にもう一度ここにきたいといいだた。まああとで考えようということにし、一路層雲峡へ
ナビの到着時間は8時を示している。まじか!7時にチェックインしないといけないのに
と焦ったが、距離をみるとそうでもない。とにかくいこうと走らせる。
道ががらがらですいすい進んでいくと、ナビの到着時間がどんどんはやくなる。
へんなところで北海道ということを痛感した。結局6時半にはついちゃった。
層雲峡グランドビューホテルへ。ネットでみるより小さいし、ぼろい。
土曜で、選択肢がなかったんでしょうがないけど。
露天もない。。。海は前回、仙台温泉に入ったあと、体調がおかしくなったのでいかず。
もう薄暗いし、寒いわ、人はいないわで散歩もそこそこでめし。あんまぱっとしない。

まあいい。今回は知床がメインじゃ、明日は移動が長い。がんばるぞ





道東旅行記1 深圳-旭川 [道東旅行記]

6月26日 10時 呼んだTAXIが来ない。30分後、ようやくTAXIがくる。別の客がいるのでガンラン経由になり
       深圳湾到着既に12時、1時前にようやく香港空港へ到着
       午後JAL便成田行きは結構いっぱい。今回はあじせんラーメンでなく、
       香港ワンタンメンを食って出発。
       機内食はあいかわらずのクオリティ
       8時頃、成田に到着、今夜の宿はなぜか、東横イン青物横丁
       理由は、駅直結、みずほ銀行有り、スーパー、コンビニ、24時間営業マック有りで便利だから
       11時にホテル到着。夜中まで日本のテレビをみる。
6月27日 朝マックして、旭川行きは昼1時なので、東京観光(お土産もの屋をみるだけ)して、羽田へ
       久々にモノレールで羽田、天気がよい。北海道もいいといいのだけど。
       羽田は拡張工事やらなんやらでいつも工事中だな。モノレールは景色がいいからためにはいいな。
       DSC02328.JPG
       久々の飛行機ちっちぇー。2時間弱のフライトで到着
       到着前窓を除くと景色がそれっぽくなってテンションあがる
       DSC02335.JPG
       つづく。
道東旅行記 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。